スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【バレた】南大門復元のために宣伝していた伝統技法、「使い方が伝えられてない」・・結局ぜんぶ今の技術で作ったことが判明

1:2013/12/04(水) 11:43:16.53 0 ID:


南大門伝統復元は1日だけのショー。


2010年2月10日午前10時。崇礼門(スンレムン、南大門)の火災現場で復元工事の開始を知らせる起工式が行われた。
この日、楼閣上段に横に置かれた木材を解体し本格的な工事に入った。

当時文化財庁は報道資料を出し、「崇礼門復旧は全過程が伝統方式で行われる」と明らかにした。
「現場作業員は韓服を着て作業をし、崇礼門に鍛冶場を設置して伝統道具を直接製作して使う」という内容だった。


しかしこうした方針は徹底した対外広報用だったことがわかった。

本紙が単独入手した崇礼門復旧諮問団第6回会議録(2010年3月11日)には
文化財庁の当初発表が誇張されたという事実を認める内容が出てくる。

この日の会議にはパク・オンゴン技術委員長をはじめとする諮問委員8人と
チェ・ジョンドク復旧団長を含めた文化財庁関係者8人が参加した。


◇「鍛冶場で道具製作」→ごく一部

A氏=「現実は当初意図や発表ほど伝統技法を使うのは不可能だ」

B氏=「伝統服着用も改良を適用する折衷が必要だ。活動性の良い服を考案する必要性がある」

この日の会議では、「伝統方式の通りに挙重機を使うのは不可能だ」という結論も出された。
会議録には「運搬、組み立て、積み上げは現代式道具を使う」と明記されている。
ある出席者は、「挙重機は水原(スウォン)・華城(ファソン)の工事の際も実験的に1機だけ作ったが実際には使わなかった」と話した。

「挙重機は文献記録上にあるだけで製作や使用の方法などは伝えられていない」という指摘も出た。

◇「韓服着て作業」→ほとんどが私服

しかし、それから1年後の2011年2月10日。
文化財庁がメディアを対象に開催した復旧説明会に挙重機が登場した。
韓服姿の作業員が柱と縄を利用した昔の挙重機で石材を持ち上げる姿を公開した。

1年前の諮問団会議ですでに使わないことを決めた挙重機だった。
実際の崇礼門復元工事で挙重機は1度も使われなかった。

伝統方式で工事するということを強調するために
使いもしない挙重機で大々的な「ショー」を繰り広げたのだ。


文化財庁は崇礼門復元工事が行われる間、「全過程を伝統方式で工事する」と広報してきた。
本紙が入手した「崇礼門復旧事業決算内訳」によると、
崇礼門展示館建設など広報性事業に約21億ウォンを配分し広報に集中した。
歴代の文化財庁長も「徹底して伝統技法で復元する」と何度も公言した。

しかし本紙取材班が工事に参加した作業員と職人らを取材した結果、
崇礼門の復元は「徹底した伝統」ではなく「見かけだけ伝統」で行われた工事だった。

文化財庁は、木材を切らない状態で持ってきて大工がのこぎりで直接手を入れると広報した。
だが現場作業員の話は違う。

ある作業員は「木材の一部は製材所から空輸された」と話した。
これに対しシン・ウンス大木匠は本紙の取材に「全部手でやった」と否定した。


崇礼門に設置した鍛冶場も事実上大きな機能を果たさなかったことがわかった。
文化財庁は、「伝統道具を鍛冶場で作って使う」としたが、
作業員は「石切のみのような簡単な道具だけ鍛冶場で作って使ったが、残りはこれまで使っていた個人の道具で作業した」と話した。


伝統服もやはり広報だけだった。

文化財庁は「現場作業員が韓服を着て作業をする」と何度も明らかにした。
だが工事に参加したある作業員は、「改良韓服で作った作業服が支給されたが便宜により個人作業服を着る場合も多かった」と話した。

資材をいい加減に扱うことも日常茶飯事だった。
工事現場を直接目撃したある文化財専門家は、
「現場に行ってみたら木を上から投げ垂木を勝手に抜き取るなどめちゃくちゃだった。
伝統方式で復元するとしていたのに一般の工事現場と変わるところはなかった」

と話した。

http://japanese.joins.com/article/034/179034.html?servcode=400&sectcode=400



16:2013/12/04(水) 11:49:29.74 0 ID:
無理だろ
職人を尊敬せず蔑む伝統の国

日本の宮大工みたいな伝統技術の継承なんて望むべくもない

そして、「日本の接着剤のせいでまともな補修が出来ないニダ~~!」

                            www
38:2013/12/04(水) 11:58:04.83 0 ID:
逆に日本の資料に韓国の伝統技能が載ってたりしてな
んで、日帝に略奪されたとか何とか言う訳だ
40:2013/12/04(水) 12:00:17.52 0 ID:
嘘をつく事自体が伝えられてきた技術だぞ
ちゃんと伝統を守ってるじゃん
50:2013/12/04(水) 12:09:26.14 O ID:
日本も笑ってられなうぞ
少子化も加わって、伝統的な技術の後継者少なくなってきてる
52:2013/12/04(水) 12:12:36.09 0 ID:
>崇礼門展示館建設など広報性事業に約21億ウォンを配分し広報に集中した。


この辺がまさにK-POP技法だなw
62:2013/12/04(水) 12:23:17.92 0 ID:
嘘ついてナンボのお国柄だろ
何か問題あるの?
64:2013/12/04(水) 12:24:47.68 0 ID:
【韓国】失われた伝統技法 南大門復元に危機感 技法を教えられた弟・日本、兄・韓国を助ける時が来た
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1386127163/
68:2013/12/04(水) 12:38:59.35 0 ID:
>>64
wwwwwwwww
66:2013/12/04(水) 12:27:11.82 0 ID:
伝統技法と言うが、伝わっていないのに伝統と言う言葉を使うほうがおかしい。


   その場限り技法と呼ぶのが正解じゃないのか?
67:2013/12/04(水) 12:30:56.89 0 ID:
だんだん朝鮮人の手口が予想できるようになってきて
最近ちょっとサビシイ
69:2013/12/04(水) 12:39:25.31 0 ID:
何か剥がれたのを日本製の接着剤使ったからとか日本のせいにしてたよね
81:2013/12/04(水) 13:05:44.23 0 ID:
中国人が作り
日本人が直して
韓国人がダメにした

素晴らしい連鎖だ
84:2013/12/04(水) 13:06:39.87 0 ID:
問題がある工事方式については、職人が最後まで問題を提起するべきだという
指摘も出ている。ホンさんはにかわだけを使う場合、接着力に問題があることを
知りながらも、諮問団の決定に流されて自分も初めてする方法で作業を進めた。
シン・ウンス大木匠も昨年、中央日報の記者に対し、「木材の含水率に問題はない」
と話していたが、最近、木材の問題が浮上すると、「木材に水分がいくらあるのか
私は知らなかった」と話した。一部の職人は文化財修理資格証を貸与し、最近、
警察の捜査を受けたりもした。

匿名を求めたある職人は「工事中に拒否できない私たちにも問題があるのは
間違いない」とし「職人が職人としての待遇ではなく、作業員のような扱いを
受けている現実で、職人の意識を守るのは容易ではない」と話した。
http://japanese.joins.com/article/946/178946.html?servcode=400&sectcode=400



職人を軽視して犬猫扱いする朝鮮の「伝統技法」が今も生きているじゃないかw
102:2013/12/04(水) 14:00:32.28 0 ID:
>>90
それこそが伝統というやつだと思うよ。
中国人は、何の利益も無いのに偽物を作る。
本物に良く似せられたと言って喜ぶ。
偽物を作ることが目的化しているよね。

朝鮮人は付かなくてもいいのに、ウソつく。
たぶん、ウソをつくことが目的化しているんだろう。
ウソをつくとすっきりした気分になるんだよ、きっと。
放火犯は、放火すると気分がすっきりすると言うじゃないか。
あれと同じだろうよ。だから、放火も・・・。
94:2013/12/04(水) 13:43:13.67 0 ID:
伊勢神宮の式年遷宮はもとより、神社仏閣が定期的に屋根を葺き替えたり
そうやって日本は技術の継承をしてきたわけだが
文化遺産を何百年もほったらかしにしてきた朝鮮が
いきなり伝統技法でやるなんて常識的に無理と分かりそうなもんだが・・・
142:2013/12/05(木) 00:24:47.34 0 ID:
当時の服装で作業すると安全面に問題があるんぢゃね?
ヘルメットも安全帯も安全靴も韓国起源で当時に存在してたのかもしれんけど。

ヒストリーだったかディスカバリーチャンネルだったか、レオナルド・ダ・ビンチが残した図面から実物を作る番組で、
当時と同じ材料を使うって話だったのに溶接やらボルトやら使いまくってたな。
図面通りに採寸しないおっさんが居て、いつもトラブルを起こしてたのが面白かった。
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1386124996/
関連記事
スポンサーサイト

2013/12/04 18:43 | 海外 - 中国・韓国・北朝鮮 -COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。