スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【写真あり】 ミカンハダニは何故逃げずにイモムシに食われるのか?ひとつ覚えの防災策が招く悲劇/京都大

1:2013/12/06(金) 22:55:00.13 ID:
ミカンハダニは何故逃げずにイモムシに食われるのか?
-ひとつ覚えの防災策が招く悲劇- 2013年12月3日


矢野修一 農学研究科助教、城塚可奈子 同大学院生らの研究グループは、
防御網を持たないハダニは防御毛を背負って伏せることで身を守ることを発見しました。


本研究成果は、2013年11月28日付(日本時間)の欧州科学誌「Springer Plus」誌に
掲載されました。


背景と概要

サバンナで草食獣と肉食獣が命がけの攻防を繰り広げるように、
葉っぱの上では葉を食べる害虫と、それを餌にする天敵との攻防がみられます。


ミカンの葉を吸汁するミカンハダニは、ほとんどいつも葉面に伏せていますが(図1左)、
葉が劣化した時や産卵する時には体を持ち上げて歩きます(図1右)。

一方で、同じくミカンの葉を食べるアゲハチョウのイモムシ(体長数十ミリ)は、
体長が0.5ミリ以下のハダニを気にかけず葉ごと食べてしまいます。

ところが、ハダニは命を奪うイモムシの襲撃から逃げずに食べられます。


それが滅多に起きない災害だとしても、野生動物が山火事から逃げるように、
ハダニがイモムシの襲撃から逃げないのは何故でしょうか。


葉面に伏せるハダニの背には、葉面以外のあらゆる方向に長い毛が突き出し、
毛のない胴体下部は葉面に密着して隙がありません(図1左)。



80:2013/12/07(土) 13:51:24.46 ID:
>>1
全然ちげーだろこの結論は

イモムシがあまりにもデカすぎて
ハダニにはイモムシが見えないんだよ

見えてネーから食われるの
認識の外側にあるから黙って食われるの

認識できない意識の外側から食い殺されているんだから
防衛もクソもない

ちょっとは物事考えられないのか?
この論文書いたやつは
2:2013/12/06(金) 23:01:13.43 ID:

図1:隙がない匍匐時(左)と脇が甘い歩行時(右)のミカンハダニ



ハダニの主要な天敵はイモムシではなく、ハダニとほぼ同じ大きさのカブリダニです。
葉面に伏せたハダニにカブリダニがどの方向から近づいても、
ハダニの胴体に触れるよりも先に毛に触れます。

ハダニは相手が生物であれ人工物であれ、毛に触られると伏せた姿勢を崩しません。

ハダニの毛が邪魔になって大半のカブリダニは退散しますが、
力ずくでハダニの胴体に近づくカブリダニは、自分がしならせたハダニの毛によって
弾き飛ばされます(図2左)。

図2:葉面に伏せるひとつ覚えの防御法は、主要天敵のカブリダニに有効である反面(左)、
巨大なイモムシに食われる悲劇を産む(右)。



ハダニの伏せる姿勢と毛の防御力を確かめるため、伏せることが出来ないハダニと
毛の無いハダニ(図3)を作り出してカブリダニに襲わせると、
正常時よりも死亡率が劇的に高まりました。

したがって、「毛に触られると伏せた姿勢を崩さない」ことが
カブリダニに対する防御になることがわかりました。


図3:脱毛処理の前(上段)と後(下段)のミカンハダニ



その一方で、この防御方法は巨大なイモムシには通用しないので、
イモムシに触られても逃げないハダニは食べられる羽目になります(図2右)。

このハダニのひとつ覚えの防災策が招く悲劇は、イモムシに葉ごと食われるという、
ハダニの生涯に一度あるかどうかの巨大災害への備えよりも、
カブリダニによる日常的な脅威への備えが優先された結果だと思われます。

_____________

▽記事引用元 京都大学 2013年12月3日公開記事

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131203_3.htm

▽関連リンク

SpringerPlus 2013, 2:637 doi:10.1186/2193-1801-2-637
Lying down with protective setae as an alternative antipredator defence
in a non-webbing spider mite

http://www.springerplus.com/content/2/1/637
3:2013/12/06(金) 23:01:31.53 ID:
> 図2:葉面に伏せるひとつ覚えの防御法は、主要天敵のカブリダニに有効である反面(左)、巨大なイモムシに食われる悲劇を産む(右)。
>

┌(┌^o^)┐
31:2013/12/07(土) 00:36:36.03 ID:
>>3
ワロタw
4:2013/12/06(金) 23:03:06.29 ID:
これは大事だな

堤防や防潮堤を高くしすぎてそこに大都市作って
超巨大津波か洪水きたら1発で日本は終わる
25:2013/12/07(土) 00:10:05.29 ID:
>>4
まったく同意。
海岸線の住民を守るなら、津波に呑まれることは前提に、かつ凌げる防御策を講じるべき。
地下シェルターとか? 地下都市とか? 空中要塞とか?

>>8
素数セミ…かなあ。子孫が地下から蘇るタイミングがなかなかかち合わない。

>>10
アリが大群で巣穴から逃げ出して山に向かったげな@スマトラ
アリと津波の言い伝えをおじいさんから聞いてた若者は、みんなを山に逃がせたらしいよ
46:2013/12/07(土) 04:15:58.95 ID:
>>25
津浪で流されても平気な自動車作るのが割と現実的な気がする
そうじゃない車が周囲で燃えるから耐火性も必要だが
63:2013/12/07(土) 10:42:23.87 ID:
>>4
田老の悲劇はあまり報道されないね。土建屋に都合悪いのか。
先日、この話題を書いたらV型の堤防がX型になって中央部を合成波が突破したって、
レスがついた。真偽を知ってる人は居ますか?
69:2013/12/07(土) 11:38:36.37 ID:
>>63
田老の防潮堤って、これか。


確かに、中央部で交差している形になっているな。
でも、この画像を見る限りでは、中央部が突破された頃には、
画面手前の防潮堤南端が津波に突破され、防潮堤内に大量に流れ込んでいる。


防潮堤のためだけでなく、湾の地形によって波が集中する形になったのかもね。
5:2013/12/06(金) 23:04:47.70 ID:
脱毛処理w
ダニもこんな目にあって大変だなw
6:2013/12/06(金) 23:06:42.80 ID:
ひとつ覚えの反日が招く悲劇・・・韓国虫
7:2013/12/06(金) 23:08:23.24 ID:
俺はこの研究を評価するよ
ついでに金融工学とからめて数学にしてくれるとありがたい

ミクロとマクロ
エネルギー面からみた効率性
確率分布からの解析
あたりかなぁ
8:2013/12/06(金) 23:09:42.47 ID:
でさ、逆に滅多に起きないけど対策してる生物っていないの?
41:2013/12/07(土) 01:38:45.14 ID:
>>8
オーストラリアの毒グモとか?
毒に、なぜ人間を一撃で昇天させるほどの威力を持たせてるのか不明
そんなデカイ動物はいないのにね
9:2013/12/06(金) 23:14:05.37 ID:
相手がどういう敵かを分析できないんじゃないのかな?
それとも視覚でわかるのかな?
13:2013/12/06(金) 23:24:52.80 ID:
イモムシに食べられるよりも、早く数を増やすから問題ないダニ
14:2013/12/06(金) 23:28:00.88 ID:
ダニにできることのキャパシティから
一生に一度あるかないかの供えをすることはそもそもできないのかな

でなきゃ芋虫から逃げるダニが自然淘汰で優勢になってそっちが残ってそうだし
17:2013/12/06(金) 23:31:26.13 ID:
俺は止まってるハエを指で弾いてハントするのが楽しみなんだが
ある程度の個体は指が間合いに入っても逃げない
少しの個体は最初のうちは逃げるが、また近くに戻ってきて
最終的には弾かれる
極々一部は最初から逃げ、近くには戻ってこない

小さな生き物ってのは捕食されるコトが
DNAに組み込まれているのではないかと思えるよ

でなきゃいくら狩りが上手くてもほぼ二次元(二.五次元?)のハエトリクモが
三次元のハエを捕まえて生きていくのって無理っぽくない??
43:2013/12/07(土) 01:57:40.08 ID:
>>17
卵や子供をいっぱい作るってのは大半が生殖せずに死ぬってのが前提だわな
20:2013/12/06(金) 23:46:48.07 ID:
何をしても無駄で防ぎようのない
強大な災害はあるってことだよな

黙って死ぬしかない
26:2013/12/07(土) 00:15:57.31 ID:
>>20
ミカンハダニかれすればイモムシは想定外のバケモノだが
イモムシも人間に駆逐されたり鳥に食われたりするわけだからな
ミカンハダニの生き方が自然の摂理にあってるような気がするわ
42:2013/12/07(土) 01:46:04.36 ID:
>>26
おそらく確率論の問題だろう

・アゲハチョウの幼虫を感知する器官に掛かるコスト
・アゲハチョウの幼虫から逃げる器官に掛かるコスト
・アゲハチョウの幼虫に食べられる確率

これらから

  アゲハチョウの幼虫対策の期待値
     <  何もしない

になれば、合理的選択をしたことになるだろう。

また、自然界には完全な合理性もなければ、
完全な弱肉強食もない。食べる気のないアゲハチョウに対しては
なすすべがなくても、カブリダニには食われない。

アゲハチョウは元々ハダニを捕食する習性はないので、
確率が非常に低い。一方、カブリダニは捕食する習性が
あるので、対策が無ければ食べられる確率が非常に高い。
30:2013/12/07(土) 00:26:28.28 ID:
>>18
いやいや。アゲハの子よりもハダニくんの逃げ足が勝るなら、そこは歩いて逃げりゃいいじゃん、
なにも災害に巻き込まれるやり方(ジッと踏ん張る)にこだわらなくても、って話。
そもそもアゲハの子は草食目的であり、ハダニには目もくれないんだから、
口から遠ざかるだけで大丈夫だろうに

>>19
葉から落下したらどうか? 下方の葉に着葉できるんじゃないか?

>>20
地球規模の災厄でない限り、全滅の可能性を減らす為に
生息域の分散に成功していたら、充分ではないだろうか?
たとえば人類はいたるところにいる。太陽光が当たる側が一瞬で全滅しても…まあ無理だよな
24:2013/12/06(金) 23:59:47.35 ID:
武道の達人が隕石に負けるってことでいいのか
61:2013/12/07(土) 09:15:26.83 ID:
>>24
わかりやすいw
27:2013/12/07(土) 00:18:12.82 ID:
敵が芋虫だと判断出来たとして逃げるための足が必要なわけだが
芋虫より早く歩けんのか
29:2013/12/07(土) 00:20:42.27 ID:
>>27
イモムシは地べたにはいつくばってるからミカンハダニの方が早いんじゃね
28:2013/12/07(土) 00:20:22.36 ID:
人間に対する防災策を編み出した生き物はいるのかね
95:2013/12/07(土) 21:12:35.07 ID:
>>28
いる

例1
愛玩動物
人間に気に入られることで防災対策どころか人間を利用して繁殖してる

例2
稲、小麦などの有用植物
人間の食料になることで自然界では生きられない種が人間を利用して繁栄してる
32:2013/12/07(土) 01:02:23.76 ID:
平和憲法さえあれば未来永劫安泰だと思い込んでる左翼に対する警告だな
軍事力は相応に必要なんだ
33:2013/12/07(土) 01:11:16.50 ID:
>>32
現在においてイモムシよりもダニ類のほうが大繁栄していることをちゃんと踏まえた上での意見かそれは
35:2013/12/07(土) 01:15:20.41 ID:
>>32
せめて相手が平和憲法を導入してるならまだしも
勝手にこっちが宣言してるだけだからな…

相手にしたら「反撃をしてこないチョロい相手」ってってことだし、
真っ先に目をつけられるわな…
34:2013/12/07(土) 01:13:11.02 ID:
毛を刺すのではなくバネ代わりにはじき飛ばすのか
面白い防衛法を獲得してるもんだな
そういうスタイルだからじっとして食われてしまうとw
より生命の危険の高いものを優先しているのだから
種の戦略としてはありなんだろな
37:2013/12/07(土) 01:19:14.20 ID:
>>34
優しいよな。

キリスト教みたいに異教徒は敵だといって滅ぼすくらいじゃないと
現実世界では勢力拡大できないはず

つまり、相手のリスクを徹底して大きくする戦略
ゲームの理論におけるしっぺ返しみたいなもんだけど
38:2013/12/07(土) 01:22:27.48 ID:
>>34
敵を見て対策とるには頭脳が必要だしな
猫なみの頭脳が必要じゃないかな 相当かしこくないと無理だね
36:2013/12/07(土) 01:15:46.09 ID:
ネズミだって対策とってないだろ?
98:2013/12/07(土) 21:51:59.92 ID:
>>36
すげー
このスレ覗いた甲斐があった
47:2013/12/07(土) 04:26:26.38 ID:
正誤の区別なく謝罪すれば相手は判ってくれて謝罪と賠償を要求しなくなって
平和外交ができると考えた戦後の日本政府と馬鹿マスゴミみたいなもんか。
48:2013/12/07(土) 04:57:13.85 ID:
個体として為す術なく芋虫に食われても芋虫に食われていないミカンの葉っぱとダニは
ほかにいくらでもいるから問題ないんだな

別にダニを狙って食べるわけじゃないから
ダニとミカンの葉っぱの比率はずっと一緒だし
50:2013/12/07(土) 06:21:44.51 ID:
葉っぱがダニにとって生活の全てだから
芋虫に葉っぱを食われてダニだけ回避しても
1匹あたりの生活基盤が縮小するだけなので
種としてはわざわざコストをかけて逃げる利得がないんだな
51:2013/12/07(土) 07:33:24.97 ID:
種として生き残ってるということは理にかなってるんだよ。
54:2013/12/07(土) 07:51:33.50 ID:
よく研究したら食われることで寄生したり
糞などから種族増やすとかそうゆう感じなんじゃねえの
55:2013/12/07(土) 07:57:10.07 ID:
固体が生き残ることを優先した生き物は必ず絶滅する
56:2013/12/07(土) 08:18:50.98 ID:
何で行動を変えると考えるかの方が不思議。

それをする為にはハダニにカブリダニと芋虫の区別がついて
なおかつカブリダニが近づいた時にどうなるか芋虫の場合はどうなるかを理解した上で、
なおかつそれに対処する最善の方法を知っている必要がある。

食われたら学習の効果も果たせない訳だから
生得的にこれらの行動を行う必要がある。

これが出来ると考える方が不自然だろ。
66:2013/12/07(土) 11:00:33.79 ID:
>>56
多耐性菌はなぜ存在するのか?
71:2013/12/07(土) 12:53:37.28 ID:
>>66
遺伝子として多様な遺伝子をもつ個体を保持することで
生き残りの遺伝子に賭ける戦略
遺伝子に相手がどういうやつかなんて分からん
遺伝子が持っている知能は翻訳誤り
仮にDNAの翻訳あるいは複製誤りがなかったとしよう
生物が進化することはウィルス感染を除くとなくなるかもよ?
60:2013/12/07(土) 08:55:18.23 ID:
人間のように「一人の命は重い」とか言い出すと、
予防のために無駄なコストを費すってことだな
64:2013/12/07(土) 10:52:33.88 ID:
最大の敵から身を護るために伏兵にやられる。 自然の摂理のような気がしてならない。
なんか問題あんのか?
65:2013/12/07(土) 10:54:25.75 ID:
ダニなんか大嫌いなんだけど写真見ると可愛くて笑ってしまったw
68:2013/12/07(土) 11:34:52.27 ID:
伏せと毛の弾力如きで撃退されてしまう
カブリダニがちゃんと飯食ってるのか心配になる
70:2013/12/07(土) 11:50:27.69 ID:
>>68
お前はカブリダニのオカンかw
74:2013/12/07(土) 13:09:27.32 ID:
千年に一度しか来ない大地震や大津波対策で必死になって
今すぐ攻めてきてもおかしくない敵国への対抗策を身内が
妨害してるような国は滅ぶ、という教訓を引き出せるな。
77:2013/12/07(土) 13:22:49.99 ID:
芋虫のほうが圧倒的に個体数が少なかったら今の戦略でいいだろ
82:2013/12/07(土) 14:54:27.57 ID:
仮に上手く避けたとしても周辺の葉は全部食われるだろうし、
他の葉求めて長期移動中は天敵に捕食されるリスク高いし、
座して死を待つのと大差無いかもな
85:2013/12/07(土) 15:33:27.05 ID:
この生き方がもっともこの種を生き残らせるからっしょ
淘汰された結果なんじゃ?
89:2013/12/07(土) 17:17:46.10 ID:
うちにある温州みかんにデコポンにキンカンの木は毎年アゲハの芋虫集ってるがあれ益虫なのか?
葉っぱ食われても丸坊主になる様な被害じゃないから殺すのも可哀想だし放置してたんだが。
90:2013/12/07(土) 18:34:19.28 ID:
国力の衰退という確実な未来の惨禍を避けるか、
限りなく確率が低いが深刻極まる原発事故を避けるかの二者択一みたいなもん。
100:2013/12/07(土) 22:26:43.44 ID:
ファーブルも昆虫の緻密で巧みな行動を記すと同時に
融通のきかない行動についても書いてたはず
101:2013/12/08(日) 00:43:23.75 ID:
「イモムシに食われる」という稀で局地的な災害は、このダニに対して
進化を促すほどの淘汰圧を発生させなかった、というだけの話だよ。

これを悲劇だとか、人間の災害対策がーとか、そういう方向で解釈すると
色々勘違いしてしまうぞ。
106:2013/12/08(日) 12:42:35.31 ID:
>>101
家にミカンの樹あれば分かると思うが
そんなに希で局地的でもない。

一生に一度といっても
ダニーのライフサイクルは短いのだ。

アシナガのような天敵か少ない年は、
自然放置してたら葉の大部分が食われてしまうこともある。
103:2013/12/08(日) 01:54:15.18 ID:
一つ覚えというが多様な防災策を実行するリソースがない
飛んで火に入る夏の虫でわかるように
ハダニに限らず火から逃げるって事さえできない
119:2013/12/09(月) 02:17:22.80 ID:
カブリダニ ここまで防御されてどうやって捕食するのかと思ったら、卵や幼虫の時に食べるみたいだな。
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1386338100/
関連記事
スポンサーサイト

2013/12/09 06:30 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。