スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【贈物】 サンタクロース出現! 釧路市の小学校3校に本3000冊、600万円分ポン!

1:2013/12/11(水) 07:30:06.22 ID:
北海道釧路市阿寒町の小学校3校に、匿名の男性から計約3000冊(計約600万円相当)の
児童向けの本がプレゼントされていたことが10日、分かった。

各小学校は「サンタクロースからの贈り物」と喜んでいる。


学校向けに書籍を販売する釧路市の「カトウ書館」に11月中旬、
高齢の男性が訪れ、大量の本を発注。


小学校3校を指定し
「クリスマスプレゼントとして、子供が喜びそうな本を贈ってほしい」
と依頼。

「1校200万円分ずつでお願いします」と、その場で現金600万円を支払った。
80歳前後で、名前や連絡先も言わずに立ち去ったという。


同社の加藤操社長(67)は男性の意向に沿って百科事典や図鑑、児童向け小説や絵本を選定。今月9日、自らトラックを運転して約1000冊ずつ配送した。

加藤社長から男性の話を伝え聞いた出版社も、キャスター付き本棚を4個ずつ12個、
無償で提供。本と本棚の配送費はカトウ書館が負担した。


クリスマスを前に大きなプレゼントを受け取った阿寒(全校児童136人)、
中徹別(なかてしべつ、同14人)、仁々志別(同)の各小学校では、
児童が早く手に取れるようにと収納作業に追われた。


阿寒小では図書室に入りきらず、玄関ホールに「サンタ文庫」を設けた。

生徒たちには、11日に公開予定だったが、準備作業中の10日昼休みには児童が気付き、
「凄い!」と本に駆け寄って喜んだ。

6年生の太田尚弥くん(12)は「歴史が好きなので、新しい本が届いてうれしい」と笑顔。
森川浩校長(57)は「子供たちが大変喜んでいるとお礼を言いたい」と話した。


10日の全校朝会で児童に伝えた仁々志別小の磯部昇一校長(59)も、

「子供たちは“すげーっ”と大喜びしていました。お礼の気持ちを伝えたい。大切に使います」
と感謝している。

ソース:スポニチアネックス

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/12/11/kiji/K20131211007180010.html



2:2013/12/11(水) 07:37:10.81 ID:
今年は名乗らないのか伊達直人と
3:2013/12/11(水) 07:37:19.46 ID:
児童向けの本
選ぶのがチョー難しいよ。
北海道のセンセと、九州のセンセでは、推薦する図書がまるで違っていたり。
4:2013/12/11(水) 07:38:57.29 ID:
学校に爆破予告とかしてるようなちっぽけなクズとは大違いですなぁ
6:2013/12/11(水) 07:48:25.23 ID:
金日成とか池田大作を称える本がずらりと並んでいたり。
7:2013/12/11(水) 07:52:39.26 ID:
14人の学校に1000冊って  一人70冊読まないといけない
9:2013/12/11(水) 08:03:09.67 ID:
>>7
なんで手分けして読む前提なん?
10:2013/12/11(水) 08:04:04.15 ID:
本屋さん120万円の儲けですね。
つぶれる本屋が多いから、これはよいかも。
11:2013/12/11(水) 08:39:49.47 ID:
全校児童136人の学校に200万の本は確かに凄いな
13:2013/12/11(水) 09:08:59.29 ID:
これは素直に良いニュース。
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1386714606/
関連記事
スポンサーサイト

2013/12/11 04:31 | 国内COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。