スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【分子生物】細胞老化の原因を発見し、老化の進行を逆戻りさせることに成功・豪ニューサウスウェールズ大

1:2013/12/23(月) 00:08:37.64 ID:
老化の原因を発見し、
老化の進行を逆戻りさせることに成功
22.12.2013, 01:10



学者たちは、細胞老化の原因を発見し、
老化の進行を逆戻りさせる薬を開発した。


薬剤は現在、マウスで実験されている。


  (つづく)



113:2013/12/23(月) 18:05:06.63 ID:
>>1
飛ばし記事かと思ったら本物っぽいな。
ニューサウスウェールズ大学といえば名門だし。
2:2013/12/23(月) 00:09:30.80 ID:
>>1 のつづき

専門家たちは、細胞のエネルギー産生能力が低下するという老化プロセスを
マウスで研究した。

2歳の実験用マウスに薬剤NMNを投与したところ、1週間後、
このマウスの筋肉は、生後半年のネズミの筋肉と全く変わらなかったという。


開発された薬剤が、人間の健康や若さを保ち、糖尿病やがんなどの
加齢と関係する疾患の予防に役立つ可能性もあるという。


世界中で多くの学者たちが、老化プロセスを研究している。
この問題へのアプローチは、多岐にわたる可能性がある。

例えばデンマークの研究者たちは12月初旬、ほぼ老化しない生物種を発見したと発表した。

陸地に生息する特定のカメは、老化して死ぬのではなく、
加齢と共に死亡率が低下しているという。
__________

▽記事引用元 The Voice of Russia ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_22/126258361/

▽関連リンク

・Cell, Volume 155, Issue 7, 1624-1638, 19 December 2013
Copyright 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.
10.1016/j.cell.2013.11.037
Declining NAD+ Induces a Pseudohypoxic State Disrupting Nuclear-Mitochondrial Communication during Aging

http://www.cell.com/abstract/S0092-8674(13)01521-3


・The University of New South Wales(ニューサウスウェールズ大学)
Cause of ageing that can be reversed
19 December 2013

http://newsroom.unsw.edu.au/news/health/cause-ageing-can-be-reversed

  (おわり)

9:2013/12/23(月) 00:27:35.72 ID:
単に食い止めるだけじゃなくて
若返るんか
19:2013/12/23(月) 00:38:08.10 ID:
寿命が伸びすぎなんが、問題なんだろ。

それを延ばしてどうすんだよ。

長生きしたいっていうヤツの気がしれん。
22:2013/12/23(月) 00:43:21.99 ID:
>>19

哲学思想と科学を混ぜると良いことは何もないで
160:2013/12/24(火) 22:55:02.58 ID:
>>19
長生きしないと平和な世界はやって来ないよ
みんな短命だから経験値が不足して血気盛んですぐ戦争おっ始めるわけだし
たかだか80年くらいじゃたかが知れてる

これが100万年とか長生きしてみ?
その間にどれだけの負けを経験するか
いい加減戦争とか金儲けとか嫌になるわ
161:2013/12/24(火) 22:57:53.48 ID:
>>160
食料とか環境汚染で定常化すると思うけど
そのことにはテラフォーミングで惑星脱出可能かも知れないけどね
30:2013/12/23(月) 00:58:19.01 ID:
科学技術医療が進歩し若返りや不老不死、不治の病も全部治療法確立したら
世の中はどうなるだろう

まず介護産業は壊滅するだろうw 

身体的若さを保った思慮深い老人が呆けも無くなり体力知力労働生産力を
保ったまま160才くらいまで生き、年齢がいったら1.2年くらい
哲学や宗教、娯楽などを楽しみながら皆から祝福されて安楽死の最期を
迎えるようになるかもしれない。

望む者は再生細胞からまた再生。

どうしても治らない病の人は既に金持中心に冷凍保存でやってるが、
未来の先端医学を持つとかね。
32:2013/12/23(月) 01:00:09.47 ID:
若返る薬が発明されてる頃は、科学技術の力で月や火星 金星でも地球のような
環境にできるだろうから人口が増えすぎることはたいしたことではないだろう
37:2013/12/23(月) 01:19:59.46 ID:
>>32
金星は無理。非効率。地球から火星までの空間にいくらでも居住施設
作れるだろうけど。
36:2013/12/23(月) 01:08:10.57 ID:
空想から科学、そして現実へ-- 

シミズワールド
http: //www.shimz.co.jp/theme/dream/index.html
仮想 近未来のとてつもない日本 (音量注意
http: //
51:2013/12/23(月) 02:54:46.76 ID:
夢見るなよ。生物は常に若返ってる。

だから何千年も生きてきた。

それ以外の若返りは生物学的にはありえない。
要するに固体レベルでの若返りなどありえないということだ。
91:2013/12/23(月) 10:29:25.33 ID:
>>51
個体レベルの若返りを否定してるってことは、種レベルの若返りの話だよな
にもかかわらず「何千年も生きてきた」は無いわw

種なら最短でも数十万年だ、ぜんぜんスケールが違う

知ったかのアホかそれとも酔っ払ってたのか
94:2013/12/23(月) 10:34:00.97 ID:
>>51

もう出てるけど、ベニクラゲは個体として若返るよ。
ある程度成長すると幼体に戻ってまた成長を繰り返す。

個としての死はベニクラゲには存在せず、外的要因によってのみ
死がもたらされていることが確認済み。


もう自然界に死を超越している生物がいるんだから
そりゃ人間だって出来るだろうね。

というか、そもそも死というのは、生物の進化の過程で得た新しい機能なんで、
その制約をなくすと種として存亡が危うくなるわけだがw

まぁ人間も今だってアポトーシスによって体が作られてるわけで、
細胞死は必要ってこったけどな。

がん細胞は死なない。

死ぬ機能が停止しているので環境さえあれば無限に生きるし増殖する。
もう50年増殖してるヤツがアメリカにたしかいる。
54:2013/12/23(月) 03:42:03.34 ID:
老化しない種があるという事は、
つまり、老化は生物の必須の自然法則ではなく、
種ごとに老化という「機能」の有無の話になるわな。

じゃあ、そもそも人類には老化の機能が備わっている理由、意義は何なん?

そこが解明されてなかったら若返りの薬は怖いな。

いや、飲んで気が済むまで生きたいけど。
1000年単位で生きれたら、宇宙船さえ作れたら
1000光年先の星にも行けるからな。
95:2013/12/23(月) 10:35:13.48 ID:
>>54
昔生化学の本読み漁ってたら  どっかの教授が

老化は遺伝子に組み込まれて 加齢が細胞老化や個体老化の
その発現スイッチになってる可能性がある
とか書いてたわ

よくいわれるテロメア短も老化の一要因にすぎないし
それを長くしたからと言って若返ったりする訳じゃないから

あぁ成程って思ったわ
73:2013/12/23(月) 07:10:59.78 ID:
誰も老化しなくなったら、生殖する必要がなくなるよ。

事故死する分ぐらいだけ増やせばいいわけで。
亀とかと事情が違うからな。

亀は食われたりするだろうし。

みんなが若いと戦争が増えるから、バランスとれるのかな。
79:2013/12/23(月) 08:23:46.16 ID:
>>73
それが近未来の姿だな
このままじゃ日本の人口はゼロになるとか言ってるアホが多いけど、
医療技術の発展を全く考えていない
77:2013/12/23(月) 07:57:46.90 ID:
下等な生物ほど死の危険が大きいため子供が多い!
つまり完全な生物には子孫や仲間はいらない!頂点は常にひとつ!
89:2013/12/23(月) 10:06:14.68 ID:
まずは永遠の14歳をだな・・・
100歳のJCとか

てか、100歳になっても閉経が来ないとか



とにかく、身体能力やテストステロン・エストロゲン分泌量は20歳で頂点に達して、
脳機能は40歳で下り坂になるらしいが、

身体機能の衰えを克服することによって
オリンピックの世界記録が塗り替えられること間違いなしだろうし、

脳機能の衰えを食止めれば、ノーベル賞級の発明がわんさか
131:2013/12/24(火) 00:05:39.72 ID:
>>89
永遠の20~30くらいだろね。
成長を止めるわけじゃなさそうだし。
96:2013/12/23(月) 10:41:34.02 ID:
加齢で衰えることも死ぬこともないなら、もう生殖は不要だな。
97:2013/12/23(月) 10:52:06.19 ID:
>>96
そうすると、種としての多様性や進化の可能性がなくなるので、
わざわざ寿命がプログラミングされたわけですな。
103:2013/12/23(月) 11:47:34.49 ID:
>>97

自然がプログラミングするわけじゃないから
死という能力をたまたま獲得した種が遺伝子を増やすことによって
死が定着したんだね

逆説的だけど、死が種の生存発展にとっては有利だったわけだ
104:2013/12/23(月) 11:54:09.36 ID:
>>103
そう。 なんと種の繁栄について、個の死は有利に働いた、ということです。
老朽化した個体はさっさと若いヤツに座を譲れってわけですね。

よって不老不死や遺伝子ドーピングで、種のばらつきが収斂されてしまうと
たった一つの病原菌で種そのものが全滅、とかになりかねないので、
諸刃の剣なわけですな。
98:2013/12/23(月) 10:56:57.34 ID:
若返りのときについでに遺伝子ドーピングすればいいじゃないの
105:2013/12/23(月) 11:57:20.83 ID:
実際老化が加速する病気があるわけだから、老化しない病気だって
そのうち出てくる可能性がある。 逆に若返る病気だって
可能性としては否定できない。

それを人が遺伝子いじってやるかどうか、というだけで。
120:2013/12/23(月) 19:40:49.72 ID:
こりゃ、人類の寿命のブレークスルーくるな。
何万年後か知らんが、自分で生死を選択できる時代が来そうや…。
158:2013/12/24(火) 22:16:50.19 ID:
>>120
そう考えると安倍公房は偉大だな
預言者よりも預言者だわ
123:2013/12/23(月) 20:01:12.26 ID:
いつか人類が不老不死になるのは確実だろうからなぁ
そんな世界を一度みてから死にたいがさすがに無理かw
128:2013/12/23(月) 21:20:47.55 ID:
>>123
不老不死は先でも寿命を150歳とか伸ばすのは数十年後には可能かも。
その伸びた寿命の間にさらに科学が進みを繰り返してるうちに
不老不死になれるかも。まあ金は必要だがな。
143:2013/12/24(火) 05:26:53.75 ID:
>>123
ハダカデバネズミは老化しないらしい
http://m.roshianow.jp/articles/2012/05/29/14420.html
166:2013/12/24(火) 23:20:33.28 ID:
>>143
神様に「全裸でいる間は年をとらない」とか言われたらちょっと悩むな…
167:2013/12/24(火) 23:24:15.90 ID:
>>166
全裸でいると年を取らないとか社会的にヌードが許容されて
ユートピアの実現じゃないですか
132:2013/12/24(火) 00:14:18.07 ID:
答えは簡単。

老人は「酸化」
酸化とは電子が抜ける事。

若返るには「還元」。電子を補給する以外、方法はない。
抗酸化物質、つまりは還元物質が若返りの鍵を握る。

非常にシンプル!!
139:2013/12/24(火) 04:39:00.46 ID:
まさかワープよりに先に若返りが実用化するのか
SF的難易度では若返りの方が高いと思ったのに
年金が破たんするなw
141:2013/12/24(火) 04:55:06.81 ID:
>>139
いや、むしろ老化が無くなったら定年も無くなって、
年金がほぼ不要になるんじゃないか?
164:2013/12/24(火) 23:18:16.89 ID:
これ100歳くらいならいいけど
数百年立つと記憶で脳のメモリー量が限界にならないかな
165:2013/12/24(火) 23:19:12.71 ID:
>>164
さすがにその頃には記憶の機構が解明されて
外部にバックアップできるようになってんじゃね
178:2013/12/25(水) 20:52:37.23 ID:
だからね、酸化還元なんだって。
分子細胞生物学じゃ若返りは限界なんだよ。

量子力学が生命科学の新しい扉を開く。

本物は追求するとシンプルになる。
老化=酸化、若返る=還元

電子を補給する以外方法はない!!!
ちなみに、体だけでなく、心も酸化するよ(^-^)/

これが量子力学。来年から世界中に電子が。。。
凄い事になるよ、日本。
179:2013/12/25(水) 22:26:09.69 ID:
>>178
シュレディンガーが70年前に「生命とは何か」で
プサイにファイと踊りながらなにかおっしゃっていてそれはそれでいい。

が一般人が量子力学に走るとたいがい理解できないで終わる。
ハミルトニアンやブラケットあたりで大方挫折する。

最近のトレンドは般若心経(?)に出てくる数がどうのこうのらしい。
間違った方向に突っ走ってるのでよくわからん。
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1387724917/
関連記事
スポンサーサイト

2013/12/26 03:30 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。