スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「走れメロス」は走っていなかった!実際は「走れよメロス」だったことが判明

1:2014/02/07(金) 16:06:22.60 ID:
「走れメロス」は走っていなかった!? 
中学生が「メロスの全力を検証」した結果が見事に徒歩

検証した村田少年
「メロスはまったく全力で走っていないことが分かった」。

一般財団法人 理数教育研究所が開催した「算数・数学の自由研究」作品コンクールに入賞した「メロスの全力を検証」(PDF)という研究結果がとても興味深いです。

中学2年生の村田一真くんによるこの検証では、太宰治の小説「走れメロス」の記述を頼りにメロスの平均移動速度を算出。

その結果、「メロスはまったく全力で走っていない」という考察に行き着きます。

(つづく)



2:2014/02/07(金) 16:07:04.62 ID:
端的にいうとメロスは往路は歩いていて、
死力を振りしぼって走ったとされる復路後半の奮闘も
「ただの早歩きだった」というのです! 


なんてこった!


メロスは作中、自分の身代わりとなった友人を救うため、
王から言い渡された3日間の猶予のうち初日と最終日を使って
10里(約39キロ)の道を往復します。

今回の研究ではこの道のりにかかった時間を文章から推測。

例えば往路の出発は「初夏、満天の星」とあるので0時と仮定、
到着は「日は既に高く昇って」「村人たちは野に出て仕事を始めていた」とあるので
午前10時と仮定して……


距離を時間で割った平均速度はずばり時速3.9キロ! うん、歩いてるね!



メロスは復路の日、「薄明のころ」目覚めて「悠々と身支度」をして出発し、
日没ギリギリにゴールである刑場に突入します。

村田くんは北緯38度付近にあるイタリア南端の夏至の日の出が
だいたい午前4時、日の入がだいたい午後7時と目星をつけ、考察を開始。

復路では途中、激流の川渡りや山賊との戦いといったアクシデントがあり、
これらのタイムロスも勘案してメロスの移動速度を算出します。

その結果、野や森を進んだ往路前半は時速2.7キロ、山賊との戦い後、
死力を振りしぼって走ったとされるラストスパートも時速5.3キロと、
思った以上に「ゆっくりしていってね!」な移動速度が算出されてしまいました。


メロス……走ってないやん!!!! 


ちなみに、フルマラソンの一般男性の平均時速は9キロだそうです。

もちろん、現代のように道が道らしく整備されている保証はありませんし、
いろんな足止め要素を想像すれば、算出された平均速度以上に
メロスは頑張っていたと想像することも可能です。


ちなみに発表者の村田くんは、

「往路の事でメロスは、結婚式のために色々買ったので、
 それをすべて持って村に行かなければいけないので、
 少し遅くなったと思います。しかし、遅すぎると思いました」


「『走れメロス』というタイトルは、
 『走れよメロス』のほうが合っているなと思いました」


と、ざっくばらんに感想を寄せています。


村田くん、ナイス研究!!!
___________

▽記事引用元 ねとらぼ  2014年02月06日 12時10分 更新
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/06/news071.html

▽関連リンク
・一般財団法人 理数教育研究所
2014年1月23日「塩野直道記念 算数・数学の自由研究」作品コンクール(2013年度)の審査結果を発表します。
算数・数学の自由研究 - 審査結果発表(第1回,2013年度)
http://www.rimse.or.jp/project/research/winner.html
塩野直道賞 メロスの全力を検証
作品(PDF:3.58MB):http://www.rimse.or.jp/project/research/pdf/work03.pdf
講評(PDF:50.7KB):http://www.rimse.or.jp/project/research/pdf/review03.pdf

*ご依頼いただきました。

92:2014/02/07(金) 21:44:47.21 ID:
>>1
>『走れよメロス』のほうが合っているなと思いました

くそw
6:2014/02/07(金) 16:09:57.10 ID:
途中で昼寝して寝過ごしたんだろ
35:2014/02/07(金) 17:15:17.77 ID:
>>6
そのシーンもあるよね
日差しが強くて走れなかった時間帯があった
午後になってから全力で走ったんだよなあ

但し小説内では雨が朝に降ったような事が書いてあったっけ?

まあ異常気象だった仮定にすれば良いんだろうけど、
ギリシャの夏に雨なんて滅多に降らんな
26:2014/02/07(金) 16:33:28.72 ID:
古代オリンピックの選手ならともかく、
若いとはいえ運動を趣味としてない一般人ならそんなもんかもな。

24時間テレビの芸能人マラソンとか見てるとよくわかる
29:2014/02/07(金) 16:36:28.04 ID:
>>26
あれも走らずに歩けば、7,8時間で付くぞ
67:2014/02/07(金) 19:54:16.35 ID:
そりゃ、走っては止まったり、走っては止まったりを繰り返していたんじゃ、
平均的には歩いていたのと同じで、亀速度になってしまうのかもね。

メロスにしてみたら自分自身は殺されに行くんだからね。
友達を見捨てて逃げるか、死を覚悟して友情を貫くか、何度も立ち止まって迷うだろ。
69:2014/02/07(金) 19:58:40.63 ID:
ゼノンのパラドックスだろ
88:2014/02/07(金) 21:17:40.94 ID:
>>69
アキレスは100mを5秒で走る
カメは100mを100秒で歩く とする

さて、アキレスがカメより100m後ろから追いかけるとしよう
5秒後、アキレスは最初にカメがいた地点に到着した
しかしカメは5m移動した

それで、アキレスは5m走った。時間は5/20秒=1/4秒
しかしカメは1/4m移動した

だからアキレスは1/4m走った。時間は(1/4)×(1/20)秒
しかしカメは
(1/4)×(1/20)m 移動した

永久に追いつけない?

アフォ!

5+1/4 + (1/4)×(1/20) + (1/4)×(1/20)^2 + ・・・ (1/4)×(1/20)^n
n→無限大 時間しか、ぴったりくっ付くまでにかからない!

項比の絶対値が1未満の等比級数の和です
定期テストに丁度いいです
ありがとうございました
90:2014/02/07(金) 21:39:17.96 ID:
>>88
ゼノンのパラドックスは「詭弁」の代名詞みたいなものじゃないかな?
87:2014/02/07(金) 21:14:14.33 ID:
どこかの研究者が、この国この時代の「里」は、
この子の計算よりも更に短いと指摘していたな。

さらに遅くなるらしいw
89:2014/02/07(金) 21:21:34.14 ID:
>>87

昭和に作品が書かれた頃の1里は4km程度だろ

ギリシャだとスタンディオンって長さの単位があったそうな

エラトステネスはアレクサンドリアとシエネの距離を5000スタンディオンとし
古代ギリシアにおいて、1スタンディオンがどのくらいの長さか確定できない。

ボイヤーは161m、英和辞典では180m、183mとさまざま。

ところで文中にシラクスって地名があったなあ
実はアルキメデスと同じでシチリアのお話?

途中の山賊はそっちの人か?
110:2014/02/08(土) 01:43:01.22 ID:
走れメロスは別に太宰のオリジナルじゃないよ


もともとはシラクサのディオニュシオス1世が
ピタゴラス派のピンディアスとダモンの友情を試したという逸話を、

亡命したディオニュシオス2世がコリントスでアリストクセノスに語り、
それをイアンブリコスが『ピュタゴラス伝』に書き記した。



それがディオドロスやキケロでは、ピンディアスが
ディオニュシオス1世の暗殺を企て、友人のダモンを代理にしたら、
ぎりぎり処刑の現場に間に合い、ディオニュシオス1世が改心した
という話に改変



さらにヒュギーヌスの『神話集』の中では、
固有名詞がモエロスとセリヌンティウスに変わり、
妹の婚礼と川の氾濫のエピソードが追加



さらにドイツの詩人シラーが、ヒュギーヌス版のエピソードに、
盗賊のエピソードを加えて『人質』を執筆



小栗孝則によるシラーの詩の日本語訳を読んだ太宰が、
『走れメロス』を執筆

「十里」という距離を設定したのは太宰治
113:2014/02/08(土) 02:34:53.62 ID:
まて

メロスの身長が98cmだったというのはどうか
132:2014/02/08(土) 14:34:56.86 ID:
>>113
科学的検証ならアリだな。

その場合、メロスと抱き合ったセリヌンティウスも
1メートル前後の身長になる。


影響受けた三島由紀夫が聞いたら怒るだろうがw
138:2014/02/08(土) 16:17:59.22 ID:
雨の翌日
土壌はテラロッサ

こんな山を踵と足首にストラップありとはいえ、サンダルで上るのか

でも地中海性気候で6月に雨なんて降るのかという
根本的な問題が解決してないなw

戦前の作品だし何か舞台としては日本の野山を
少し乾燥させて岩っぽくさせた程度って感じなんだよなあ

台湾あたりのCwa気候の地域という感じだ
144:2014/02/08(土) 20:06:31.12 ID:
>>138
ま、一応、6月でも10mmくらいは雨が降るようなのでw 
たまたま珍しく雨が降ったという設定も不可能ではないw
146:2014/02/08(土) 20:13:30.20 ID:
山道を歩くと、看板の行程距離で2km/hくらいになる。
平地を歩くようには行けない。

実際に外を歩いて実証したんだろうか?
148:2014/02/08(土) 20:16:13.36 ID:
>>146
歩いたスピードを議論してんじゃないんだよ
走ったという割には遅くないか、というのが論点のスタートなんだから
歩いたという前提での議論ではないわけだ
166:2014/02/09(日) 00:02:26.78 ID:
エウクレスはどうなんだろう?
40kmチョット走って息絶えるとかありうるのかな。
169:2014/02/09(日) 02:30:38.94 ID:
>>166
マラソンの語源になった人は
その前に2日間で240kmくらい走っている
そして最後のランで限界になったとの事
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1391756782/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 痛いニュース - ジャンル : ニュース

2014/02/09 03:25 | 国内COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。