スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【写真あり】 ミカンハダニは何故逃げずにイモムシに食われるのか?ひとつ覚えの防災策が招く悲劇/京都大

1:2013/12/06(金) 22:55:00.13 ID:
ミカンハダニは何故逃げずにイモムシに食われるのか?
-ひとつ覚えの防災策が招く悲劇- 2013年12月3日


矢野修一 農学研究科助教、城塚可奈子 同大学院生らの研究グループは、
防御網を持たないハダニは防御毛を背負って伏せることで身を守ることを発見しました。


本研究成果は、2013年11月28日付(日本時間)の欧州科学誌「Springer Plus」誌に
掲載されました。


背景と概要

サバンナで草食獣と肉食獣が命がけの攻防を繰り広げるように、
葉っぱの上では葉を食べる害虫と、それを餌にする天敵との攻防がみられます。


ミカンの葉を吸汁するミカンハダニは、ほとんどいつも葉面に伏せていますが(図1左)、
葉が劣化した時や産卵する時には体を持ち上げて歩きます(図1右)。

一方で、同じくミカンの葉を食べるアゲハチョウのイモムシ(体長数十ミリ)は、
体長が0.5ミリ以下のハダニを気にかけず葉ごと食べてしまいます。

ところが、ハダニは命を奪うイモムシの襲撃から逃げずに食べられます。


それが滅多に起きない災害だとしても、野生動物が山火事から逃げるように、
ハダニがイモムシの襲撃から逃げないのは何故でしょうか。


葉面に伏せるハダニの背には、葉面以外のあらゆる方向に長い毛が突き出し、
毛のない胴体下部は葉面に密着して隙がありません(図1左)。

続きを読む »



2013/12/09 06:30 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【大発明】 「部屋に静寂をもたらす」 ノイズキャンセリング・システムが凄すぎて今すぐ欲しい!!

1:2013/10/25(金) 16:33:35.17 ID:
【騒音よさらば】大発明「部屋に静寂をもたらす」
ノイズキャンセリング・システムが凄すぎて今すぐ欲しい

画像



スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

いまや人生で最も貴重で価値のあるものと言っても過言ではない "静寂な生活"
心静かな時間を諦めかけていた僕らにとってこれは朗報です

オーストリア・ウィーン大学のルドルフ・ステファニ (Rudolf Stefanich) による
「Sono」は、部屋のガラス窓に取り付けることで屋外の騒音から来る振動や、
Wi-Fiの電波を揺らす電磁ノイズのエネルギーを認識、逆位相の信号を
オーディオ信号と混合して出力し打ち消す機能を搭載しています


単に打ち消すだけではなく、飼い犬の声や鳥のさえずりだけを
フィルタリングから外すことも可能


充電はいままで通り電源から行われると同時に、現在ノキアリサーチセンターで
開発されているWifi経由による充電が搭載される予定。

世界的に知られる家電メーカーダイソンの創始者、ジェームズ・ダイソン・アワード
(James Dyson Award) のファイナリスト20に選ばれ、NBCが行ったインタビューによると、
ステファニは既に企業の協力を得て商品化を進めているとのこと

http://japan.digitaldj-network.com/articles/20089.html

続きを読む »



2013/12/06 18:25 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【ゲノム】ビルマニシキヘビの驚異の能力解明、 人間の病気の解明にも新たな道

1:2013/12/04(水) 11:39:21.92 ID:
ヘビのゲノム(全遺伝情報)に関する世界初の本格的な研究により、
ビルマニシキヘビは地球上で最も高度な進化を遂げた生物の一種であることが
明らかになったとする研究報告が、2日の米科学アカデミー紀要
(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。

米大学主導の国際研究チームが発表した論文によると、今回の研究によって、
東南アジアに生息するビルマニシキヘビがどのように生存・繁栄してきたのかに
関する新たな手がかりが得られるだけでなく、人間の病気の治療に向けての
新たな道が開けるかもしれないという。

研究に参加した米コロラド大学(University of Colorado)医学部の
デビッド・ポロック(David Pollock)准教授(生化学・分子遺伝学)は
AFPの取材に「ヘビは基本的に、生理レベルから分子レベルに至る生態の
あらゆるレベルで驚異的な変化を遂げてきている」と語った。

過去500万年から3000万年にわたって、機能的に重要な意味を持つ形で
発生したこれらの変化により、ヘビは他の生物には見られないほどの高い
状況適応能力を備えるようになったと同准教授は指摘する。

>>2
に続く
2013/12/4 AFPBB
http://www.afpbb.com/articles/-/3004418

PNAS
The Burmese python genome reveals the molecular basis for extreme adaptation in snakes
http://m.pnas.org/content/early/2013/11/27/1314475110.abstract?sid=0d27d514-0e8b-4a98-b8b9-85120caca6d8

参考
共に掲載されたキングコブラのゲノム
PNAS
The king cobra genome reveals dynamic gene evolution and adaptation in the snake venom system
http://m.pnas.org/content/early/2013/11/27/1314702110.abstract?sid=9d22914f-1ff3-490d-8a96-013e4aa7a530

続きを読む »



2013/12/05 09:53 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【研究】乗り物酔い止め薬に骨伸長効果 低身長症の治療へ期待も/名大

1:2013/12/05(木) 08:39:47.63 ID:
名古屋大大学院医学系研究科の鬼頭浩史准教授(整形外科学)らのグループは、
乗り物の酔い止め薬に使われる「メクロジン」に、骨の伸長促進作用があることを突き止め、
4日に米オンライン科学誌プロスワンで発表した。

成人でも120~130センチと極端な低身長をもたらす難病、軟骨無形成症の治療に
応用できる可能性がある。
安全性が確認され長く使用されてきた薬であり、早期の臨床治験も期待できるという。

鬼頭准教授によると、軟骨無形成症は遺伝子の突然変異により、
1万5千人に1人ほどの割合で生まれる。

2013/12/05 07:00【共同通信】
http://www.47news.jp/smp/CN/201312/CN2013120401001724.html

プロワン
Meclozine Facilitates Proliferation and Differentiation of Chondrocytes by Attenuating Abnormally Activated FGFR3 Signaling in Achondroplasia
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0081569

続きを読む »



2013/12/05 09:52 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

【宇宙】ヒミコ降臨!巨大天体“ヒミコ”の謎解明

1:2013/11/26(火) 23:29:03.90 ID:
すばる望遠鏡(ハワイ島)で4年前に発見された宇宙誕生初期の“謎”の巨大天体「ヒミコ」は、一直線に並んだ3つの星団を巨大な水素ガス雲が包み込んでいる 構造をしていることが、東京大学宇宙線研究所の大内正己准教授や国立天文台、 ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどの共同研究で分かった。


3星団は合体してさらに大きな天体を形作ろうとしているところで、 銀河が作られる最初の過程を明らかにする上で重要な成果だという。


ヒミコは「くじら座」の方向、129億光年離れた遠方にある非常に明るい 巨大なガス雲で、2009年に発見された。
137億年前に宇宙が誕生してからわずか8億年後のもので、“古代宇宙に輝く天体”として邪馬台国の女王「卑弥呼」の名前が付けられた。


ヒミコの広がりは5万5000光年と、われわれの太陽系がある“天の川銀河”の半径にも 匹敵する大きさで、同時期に存在した一般的な天体に比べて約10倍も大きい。

さらに、太陽の数百億倍という大質量をもつことが分かってきたが、これほど巨大なガス雲を高温で輝かせるエネルギー源などについては謎のままだった。

>>2
に続く

NATIONAL GEOGRAPHIC November 25, 2013
http://www.nationalgeographic.co.jp/smp/news/news_article.php?file_id=00020131125003

アストロフィジカル・ジャーナル
An Intensely Star-Forming Galaxy at z~7 with Low Dust and Metal Content Revealed by Deep ALMA and HST Observations
http://arxiv.org/abs/1306.3572

続きを読む »



2013/11/27 14:30 | サイエンスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。